• ホーム
  • 企業の採用サイトの種類とは?

企業の採用サイトの種類とは?

企業ホームページの様々な種類の中に、リクルートサイトがあることを先に指摘しました。つまり採用サイトです。企業は存続するためには利益を上げ続けなければならないという命題がありますが、そのためには新しい人材を採用し、将来に備えている必要もあります。人材募集においても企業ホームページの役割は大きく、新卒採用だけではなく中途採用など、必要に応じて多方面から優れた人材がアクセスしてくるのに備えなければなりません。

人材募集が、ハローワークの斡旋や既存媒体での広告に限られていた昔とは異なり、今日では企業ホームページによって戦略的にリクルート活動ができるようになっています。求職者の多くはインターネットの利用者でもあるので、新卒採用という定型化された人材募集だけはなく、経験・キャリア・実力のある中途採用を希望する求職者のニーズにも、戦略的企画によって応じることができます。

さて、企業の採用サイトにはいくつかの種類が考えられます。まず、求職者が直接的にエントリーすることを期待して企画されたサイトです。しかしこの方法は必ずしも成功しません。なぜなら求職者が、社名・採用、とキーワード検索してくるケースは名だたる大企業に限られるからです。したがって人気ランキングに名前が載るような企業でない限り、この方法で成功する可能性は非常に小さいといえるでしょう。もうひとつは採用サイトを併用するものです。人材バンクのような企業に求人情報を出し、それを見た求職者が直接アクセスしてくるのを待つ手法です。また合同説明会などのイベントとの併用も良い方法で、限られた時間では十分な説明が得られなかった求職者が更なる情報を求めてアクセスしてくることが期待できます。

こうしたニーズに応える採用サイトは、単にデザインで問題解決できるような見込みの甘いものであってはなりません。本当に優秀な人材を得ようと意図するのなら尚更です。どうしてかと言うと、優れた人材は一社に絞らずとも複数から内定を受取っていることが考えられるからです。そして、最終的にどの企業を選ぶか、という段階で改めて採用サイトにアクセスしてくるはずです。そうした時に、内実とかけ離れている、とは言わないまでも、見た目のデザインの他に内容を伴わないようなサイトであれば、入社を決心するかどうかはわかりません。

最も優れた採用サイトとは、したがって綺麗事を排し、応募者の本心に訴えかけていくような、演出とは無縁なコンテンツを持っているサイト、ということになるはずです。