• ホーム
  • ホームページでできるSEO対策のポイント

ホームページでできるSEO対策のポイント

さて、ホームページを作るのはビジネスであれ趣味の情報発信であれ、多くの人の目に触れる、ということが欠くべからざる条件になります。せっかく充実したコンテンツを多数内包するホームページを作り上げても、来訪者がいないのでは全く意味をなしません。趣味の場合ですらそれではモチベーションが下がって運営への興味が薄れるのですから、ことビジネスに限っては死活問題になってしまいます。したがっていかに沢山の人にアクセスしてもらうか、ビジネスにおいてはその結果沢山の売上げを獲得するか、を考えない訳にはいかないのです。

超ビッグネームの企業でもない限り、放っておいてもアクセス者が後を絶たない、ということはありえません。それではどうすれば良いのでしょうか。

こうした目的のために行なうのがSEOという施策になります。これはGoogleなどが提供する、インターネットにおいて閲覧者がキーワード検索をかけた時に、そのキーワードに合致するホームページを効率的に紹介するというサービスにおいて、ホームページ制作者が自らのサイトを、検索結果の順位が高くなることを目的として取り組む施策のことです。Google等の検索大手は、基本的に人手を介さず検索エンジンのプログラムによってインターネット上のホームページを分析し、閲覧者が望むサイトを紹介しています。

したがってホームページ制作者は、このプログラムに好まれる作りをする必要があります。プログラムの内容は非公開ですが、プログラムがどのようなチェックをしているか予測し、これに合致するようホームページを洗練させれば良いのです。

まずホームページを記述するためのHTMLの言語をきちんと学ぶ必要があります。どうすればホームページが作れるのか、だけではなくてその言語を正しく理解し、HTMLを構成するタグのひとつひとつを正しく有効に使うことが求められます。中でもキーワードというタグは大事です。コンテンツ、すなわち記事内容と合致していて、なおかつ記事中にこの言葉が適度に用いられていることが重要です。

そしてキーワードにしても、コンテンツを正しく表現しているというだけではなく、どのような検索のされ方を期待しているかを考えつつも、皆が考えつくようなキーワードだけではなく、ニッチを重視してそのキーワードで検索されたら確実にアクセスを稼げる、というキーワードの案出も、ビジネスを行なう上では大切なことです。

先述の中古ドメインのような即効性のある手法も大事ですが、まずは根幹となるコンテンツが充実しているかどうかをチェックしましょう。そうすることなしに順位を上げることに血道を上げるSEO手法では、いずれ淘汰されてしまう可能性があります。